水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)の認定を取得しました

(株)東洋電化テクノリサーチは、平成24年1月31日「水道GLP認定検査機関」として認定されました。
弊社は、水道法第20条の登録検査機関として平成16年より水道水の水質検査を受託してまいりました。この認定取得は、高い精度と信頼性が確保されていることを第三者機関(日本水道協会)から認められたことになります。また、四国の民間企業(水道法第20条登録検査機関)では第1号の認定となり、その責務も大きいと考えております。

今回の認定を機に、高い精度と信頼性を維持し、水道の水質管理並びに環境保全活動に貢献してまいります。

認定式の様子

〜認定式の様子〜
(右) 社団法人日本水道協会 尾崎勝専務理事
(左)弊社・代表取締役 大杉憲正

 

認定証(PDF:2.5MB

水道GLPとは

水道GLP(Good Laboratory Practice:優良試験所規範)とは、水質検査機関による検査結果の信頼性確保を目的として、社団法人日本水道協会が国際規格であるISO9001とISO17025の要求事項を参考にしながら策定した認定規格です。第三者機関である社団法人日本水道協会が、「適正な管理のもと水質検査が実施されていること」、「水質検査結果に十分な信頼性が確保されていること」を調査し、基準を満たした検査機関に対し認定を行っています。
社団法人日本水道協会「水道GLPのお知らせ」

◎ご不明な点、金額等につきましては下記までお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせフォーム