絶縁油PCB採取のご案内

◎分析について

当社では簡易定量法の導入により、分析価格を従来より大幅に抑え、納期も短縮して、分析結果をお客様にご提出できるようになりました。 お客様で、PCB分析についてのご用命等がございましたら、ご相談下さい。

ポリ塩化ビフェニール廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(2001年7月15日施行)により、2027年3月31日までにPCB廃棄物の処分を完了することが決まっています。 事業者は2027年までにPCB廃棄物を自ら処分、処分の委託をしなければなりません 。PCBが0.5mg/kgを超えて含有している場合は、特別管理産業廃棄物として届け出が必要になります。

分析のご依頼/資料採取キットの送付
採取キットの詳細
資料送付/分析結果の報告

PCB分析イメージ写真

●分析方法

絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第3版)

前処理:高濃度硫酸処理/シリカゲルカラム分画
測定方法:キャピラリーガスクロマトグラフ/ECD

●分析料金

※お問合せ下さい。

◎分析結果の取り扱い

廃電気機器等に封入された絶縁油中の微量PCB測定法活用の考え方

PCB分析結果の取り扱い

●判定基準
絶縁油中のPCB濃度が0.5mg/kgを超過していた場合は、特別管理産業廃棄物として取り扱い、適切な処理が必要です。 ご要望に応じて処理方法等アドバイスさせて頂きます。





絶縁油PCB採取の方法

◎PCB採取キット

PCB採取キット■ 基本セット
・専用容器(スポイト一体型)
・容器ラベル
・手袋
・ユニパック(チャック付きポリ袋)




◎PCB採取手順

PCB採取手順011)採取する機器の情報をラベルに記載し
  専用容器に貼り付ける。
2)手袋を着用し、汚染を防止する。
3)機器等から、絶縁油を採取する。

※一回の採取量で分析は十分可能です。


PCB採取手順02

◎ご不明な点、金額等につきましては下記までお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせフォーム