環境測定・分析

室内空気(シックハウス)調査

弊社では、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物(VOC)など、建物内の空気中の化学物質濃度を測定、自社にて分析し評価を行っています。
測定方法は以下のアクティブ法とパッシブ法からお選びいただけます。
 お客様のニーズに合わせた項目と方法で分析サービスをご提供させていただいておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

HPLC装置(アルデヒド測定) GS/MS装置(VOC測定)
HPLC装置(アルデヒド測定) GS/MS装置(VOC測定)

アクティブ法による測定

当社調査員によるサンプリングとなります。
現地サンプリング時間は日中に約30分です。パッシブ法に比べて短時間で試料採取が可能です。

◆分析料金:1カ所(消費税別) ¥50,000
 (サンプリング出張費用は別途お見積りとなります)

◆納期:検体受付から納品まで最短3営業日

パッシブ法による測定

お客様によるサンプリングとなります。
サンプリング時間は日中最も気温が高くなる時間を含めて8〜24時間必要です。
採取後、検体をクール便で送付、または直接弊社へお持込みください。
受付は月曜日〜金曜日(土日祝を除く)8:00〜16:00となっております。

◆分析料金:1カ所(消費税別) ¥30,000
 温湿度計のレンタル有

◆納期:検体受付から納品まで最短3営業日

※ご依頼頂く際の注意

サンプリング前の準備として測定対象となる部屋の換気と部屋の密閉作業は
お客様にて行ってください。

室内空気中化学物質測定 パッシブ法サンプリング方法

●サンプリング前に行うこと

  • 対象家屋の窓、扉、建具、備え付け品の扉等のすべてを開き、30分間換気をしてください。
  • 換気終了後、窓、扉、引き出しの扉等を閉め切ります。
    24時間換気システムがある場合はこれを稼働させてください。
  • 上記の密閉状態を5時間以上保持します。
    換気終了後からサンプリング終了後まで室内への入室を禁じてください。
    (サンプラーの設置を除く)
  • ■ サンプリング当日は塗装工事、吹付塗装等は中止してください。
     建物内に塗料等を置かないでください。
    ■ タバコの煙、塗料・接着剤成分は分析結果に影響を与えますので、
     サンプラー設置者は設置前にこれらに接触しないようにしてください。

●サンプリング

下記採取手順を御参照の上、8〜24時間サンプリングしてください。

@サンプラー袋
使用直前まで冷蔵庫で保管してください。
A袋を開封して、サンプラーを取り出します。
B容器の中にサンプラーが入っています。この状態でふたの部分に吊り下げ用糸を結び付けます。
C天井・照明器具・三脚等に結び付けます。
サンプラーを部屋の中央、床から1.2〜1.5mの位置に
設置します。
D吊り下げた状態で容器から取り出します。
Eサンプリング開始時刻、気温、湿度を記録し、
14-15時を含む8〜24時間サンプリングを行います。
Fサンプリング終了時刻、気温、湿度を記録し、
サンプラーを容器に戻します。
サンプラーと分析依頼書をクール便で送付ください。

●サンプリング終了

    サンプラーを袋に戻し、密封します。
    分析依頼書はこちら >>> (エクセルファイル46K)
    分析依頼書に記録しサンプラーと共に冷蔵便にて下記まで送付願います。
    〒781-8006高知市萩町二丁目2番25号
    (株)東洋電化テクノリサーチ  宛
    TEL:088−834−4836 FAX:088−834−4884

◎ご不明な点、金額等につきましては下記までお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせフォーム